AWSの資格を一挙解説 – AWS 資格って?資格の種類や難易度について

AWSの資格とは?資格の種類や難易度について解説します。

AmazonのクラウドサービスであるAWS(Amazon Web Services)が提供する認定資格は全部で12種類あり、レベル別、役割別、専門分野別に用意されています。

AWS認定資格は、試験対策や資格取得により、必要なAWSの知識やスキルを効率よく学べるということで関心が高まっています。
また、AWSサービスを体系的に学ぶため過程で幅広いサービスの全容を把握することができます。

本記事では、全12種類のAWS認定資格の概要と難易度を解説します。それぞれの特徴をおさえて自信音レベルに合った認定試験にチャレンジしましょう。

AWS認定資格への注目度高まる

2020年、AWS認定資格は注目を集め、取得を目指す人も増えています。
2018年には取得したい資格ランキングで1位を獲得し、2019年にも役立つ資格ランキングへランクインしています!
人気沸騰のIT資格、取得したい資格ランキング – いる資格、いらない資格 2018
IT資格実態調査2019 – いる資格、いらない資格
また2020年には稼げる資格ランギングにもランクインしている注目の資格です。
– 詳しくは2020年に取得すべき稼げるIT資格は? 資格別の給与ランキングで解説しています。

実践で役立つ資格

AWS認定資格は、実際の業務にすぐ役立てる知識やスキルを体得できます。現在はAWSの業務に携わっていない方も、スキルの証明になるので今後のキャリアへ役立ちます。

AWS認定資格にはどんなものがある?

基礎レベルのプラクティショナー(Practitioner)

半年程の基礎的なAWS経験とクラウド業界の知識を持つ人になりますが、AWSにこれから取り組もうという業務未経験者も基礎レベルに該当します。

プラクティショナーレベルのAWS認定

  • クラウドプラクティショナー(Cloud Practitioner)

中級者レベルのアソシエイト(Associate)

レベルの目安としては、1年程のAWS利用によるクラウド構築などの経験になりますが、AWS業務未経験者であっても、AWSの主要サービスの概要やクラウドの一般的知識などがある人であればこのレベルに該当します。

アソシエイトレベルのAWS認定

  • ソリューションアーキテクト(Solutions Architect associate)
  • SysOpsアドミニストレーター(SysOps Administrator)
  • デベロッパー(Developer)

上級者レベルのプロフェッショナル(Professional)

レベルの目安としては、2年程のAWSを利用したソリューション設計、運用、トラブルシューティングなどの経験者。

プロフェッショナルレベルのAWS認定

  • ソリューションアーキテクト(Solutions Architect professional)
  • DevOpsエンジニア(DevOps Engineer)

専門知識分野のAWS認定

専門知識(5分野)以外のAWS認定資格は、設計者、運用担当、開発者などの役割別に、以下3種類のレベルに分けられます。

専門知識が問われる5種類の専門分野

  • 高度なネットワーキング(Advanced Networking)
  • セキュリティ(Security)
  • 機械学習(Machine Learning)
  • Alexa スキルビルダー(Alexa Skill Builder)
  • ビッグデータ(Big Data)
  • データベース(Database)